タイプ別クレンジングの特徴

タイプ別クレンジングの特徴

クレンジングには、様々なタイプがありますね。
一般的によく用いられているのは、以下のようなものです。

 

・オイルタイプ・・・洗浄力が高く、ポイントメイクも落ちやすい。ただし、肌の大切な潤いを奪ってしまうことも!
・ミルクタイプ・・・肌に優しく、薄いメイクなら十分落とせる。洗浄力が弱いので、ガッツリメイクには不向き。
・クリームタイプ・・・肌への負担が少なく、しっとりと洗いあがる。脂性肌の方はベタつきやすい。
・ジェルタイプ・・・肌への負担も比較的軽く、オイルタイプとクリームタイプの中間程度の洗いあがり。ただし、メイクと馴染みにくく、落ちにくい。
・リキッドタイプ・・・オイルに近い質感で、素早くメイクを落とせる。摩擦が起こりやすいので注意が必要。
・ローションタイプ・・・手軽にどこでも使用できるのが魅力。拭き取りによって摩擦が起こるので敏感肌には不向き。

 

このように、どのクレンジングにも、それぞれにメリットとデメリットがあります。
メイクの度合いや肌の状態に合わせて、クレンジングを使い分けることが大切だと言えますね。

 

ですが、家庭にいくつものクレンジングを並べて、「今日は肌が乾燥気味だからクリームかな・・・」なんて、その都度選ぶのは大変ですよね。
では、どんなメイクにも万能で、しかも肌に優しいクレンジングのタイプというのは無いのでしょうか?

 

実は、最近ではクレンジングがかなり進歩していて、そんな万能選手のような新感覚のクレンジングも増えてきているのです。
その1つが、「ゲル」で落とすマナラクレンジングゲル。

 

柔らかいゲルが、肌の上でメイクと素早く馴染み、汚れを根こそぎ落としてくれます。
なのに美容成分たっぷりだから、肌が乾燥することもありません。
洗い上りは、スッキリなのにしっとり!
これなら、どんなメイクの時にも、どんな肌状態の時にも、安心して使用することができますね!

 

また、マナラクレンジングゲルは安心の無添加処方。
だから、敏感肌でも乾燥肌でも、強い刺激を感じることなく、クレンジングできるというのも魅力ですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ